2013年08月23日

じぇじぇじぇ

じぇじぇじぇ.jpg先週放映された、あまちゃんの「朝まであまテレビ」を見てから、すっかり「じぇじぇじぇ」がマイブームになってしまい(←遅い)、何かというと「じぇじぇ!」とか言ってます( ̄▽ ̄)

NHKの朝ドラって、見るのすごく久しぶり(うん十年ぶりとかくらいか?)。
何しろ、だいたい朝ドラが放映される時間には家を出てるし。
朝の情報番組(め○ましテレビとか、Z○P!とか)は他局のを見てるので、遅出する時でもその続きの番組見てるし。
「朝ドラの『なんちゃら』がおもしろい!」とか話題にのぼってるときには既に話が進んでるので、もう流れに追いつけなくなってるしぃ。

毎回そんな感じなんだけど、あまちゃんはこの前の「朝まであまテレビ」でだいたいの流れは把握したぞ!(☆∀☆)

というわけで、今は朝ドラを録画してます。
15分ちゅーのも見やすくていいね。
出演してる女優さん、みんな可愛くていいねぇ♪
posted by よーし at 12:52| Comment(8) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

「新選組!」を見ながらお仕事(笑)

新選組!を見る.jpg
3連休です。
…が仕事しまーす(笑) 「新選組!」のDVD見ながら。
昨日は黙々とDVDだけ見ちゃいました。先週「仕事しながら見るのに、1回見たものがちょうどいいかな」ということで見始め、今やっと半分ちょい。池田屋事件の頃です。
やっぱり「新選組!」面白い。

幕末っていろんなドラマが作られてるので、今見直すと「あー、あの名前は『龍馬伝』で出てきた」とか「あ、これは『白虎隊』で見た」とか、いろいろ繋がってきて違う見方ができます。面白いです。
本当に、激動の時代だったんだな と思います。
まぁ今もかな。安穏としているのは現在の日本人だけなのかもしれません…。

来年の大河は『白虎隊』寄りですね〜。楽しみです^^
posted by よーし at 12:41| Comment(8) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ベルセルク 黄金時代2 ドルドレイ攻略

120816.gifだいぶ前の話になりますが…
「いつだよおい?」と言われれば、今年の6月です(笑)

水曜日のレディースデー(映画1000円)を利用して、ベルセルク 黄金時代II ドルドレイ攻略を見に行ってきました。
ベルセルク 黄金時代I 覇王の卵 を見て「絶対『2』も見に行く!」と決めてました。『3』も始まったら見に行くよん。

すごい迫力は相変わらずですが、セクシーなシーンなんかもありぃの(グリフィスと王女の行為とか)、で、1より「ハードだなぁ」という感じがしました。



続きを読む
posted by よーし at 12:49| Comment(4) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

GWはDVD三昧 その2

前回からの続きです。
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星
2ヶ月くらい待ったかなぁ? やっと順番が回ってきました。
ストーリーは劇場版らしい壮大なスケール。迫力のある画面。…というか「劇場版ってこんな感じだろうな」と思ってたそのまんまでした。アニメの方が面白いね〜、やっぱり。

それはさておき、絵柄がアニメ(FULLMETAL ALCHEMIST)と違うので、そこがちょっと馴染みづらいというか… 私、アニメは絵柄重視の人。で、そこで入り込めなかったというか、うんぬんかんぬん。
でもまぁ、面白かったです(笑)



続きを読む
posted by よーし at 15:14| Comment(8) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

GWはDVD三昧

今まで忙しくて、レンタルしても見るヒマがなかったDVDたちを、この機会に見まくってます。

まずは、銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it,White(白くぬれ!)
ヘタリアの映画版。…ヘタリア好きの私としては、これ、かなり期待してたんだけど。TSUTAYA DISCASの多くのレビュー通り、「なんじゃこりゃΣ(゚Д゚)」な映画でした。
もーねー、アニメで放映済みのショートストーリーが、とにかくいっぱい・ふんだんに入ってるし(そのまま流用か、書き直したのかは知らないけど。。)、ストーリーが「幼児向けか?」って感じのストーリー。
ヘタリアは子供むけのアニメじゃないんだから、もうちょっと重いストーリーを考えてもいいんでないかい?
全て真っ白ののっぺらぼうにしてしまう宇宙人が地球に攻めてくる…という、なんともがっくりなストーリー。
これは映画館で見たら「詐欺!」と思うレベル(゚_゚;)
とりあえずレンタルなんで、こんなもんかなーと。



続きを読む
posted by よーし at 23:44| Comment(10) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ベルセルク 黄金時代1 覇王の卵

120209.gif昨日、映画「ベルセルク 黄金時代篇1」を見に行ってきました。
22時からの、平日一番遅い回。映画館に映画を見に行ったのって、ちょ〜〜〜久しぶり。何年ぶりだろ。

やっぱり映画館で見るとすごい迫力。
画像も美しい〜。
ベルセルクの映画は3部作で、次は今年の6月に上映されるらしいですが、次も絶対行くーヽ(´ー`)ノ
夜間上映のユナイテッドシネマとしまえんに行ったんだけど、空いてて気に入りました。
次見に行くときも、レディスデーのこの回にしよーっと♪
入場券を買うときにあいてる席を指定するシステムだったけど、今ってどこもそうなの? これだと2回続けては見れないわけね。しょぼん。


続きを読む
posted by よーし at 16:38| Comment(6) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

悪人

悪人

よかったですねぇ。
深津絵里さん演じる光代の深い愛の形。
あれは献身ではなく、ただ一緒にいたいという利己なんだな。女性らしい人です。女性の愛は利己的。

法的な悪人は、妻夫木くん演じる祐一なわけだけど、本当に悪いのは誰?

深津絵里さんが、モントリオール映画祭で最優秀主演女優賞を取ったと話題になってましたが、なるほど素晴らしかったです。
妻夫木くんの演技力は、私はファンなので、普段から過剰ぎみに評価してるわけだけど(笑)
妻夫木くんの演技あっての深津さんの演技だなーと思ったわけ。
posted by よーし at 13:07| Comment(10) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Railways

RAILWAYS【レイルウェイズ】

49歳、大企業のエリート社員主人公が、地方で暮らす母親の病気や友達の死などをきっかけに、実家に戻って子供の頃からの夢だった電車の運転手になるという物語。

夢とかやりたいことより、今は日々の生活や収入が第一…って考えてる私は、この主人公に感情移入できなかった。
んー、やっぱり仕事が充実してる男性の方が、この映画は面白いと思えるかも?
女性は現実的。

でも、ストーリーは面白いし、何より風景が美しい!!
田舎をことこと走る一畑電車と、その風景があんまりにもきれいで、また行ってみたい場所が増えましたー(((o(*゜▽゜*)o)))

ブログ友達のあの方が出演されてるので、「おー! ホントに映ってる」って思いながら見たのも楽しみのひとつだったり(笑)
posted by よーし at 10:03| Comment(4) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SP 野望篇・革命篇・革命前日

今まで忙がしくて見れなかったので、年末年始はDVD三昧\(^o^)/

まずは、楽しみにしてた「SP」の映画、 SP 野望篇SP 革命篇SP 革命前日 を3本だてで見ましたー。
てか、借りたDVDはみんな見るの楽しみにしてたんだけどねー。

まずは野望篇。
これは、ストーリー的には革命篇と本編を繋ぐもの…という感じで「何で革命篇と分けたのかなー(^q^)」って感じなんだけど… あ、お金とりたいからかw
アクションがものすごかったですねー。初っぱなから「すげー!」って感じでした。

革命篇は「あぁ、やっぱりこうなるのね」って感じなんだけど、今の政治家にうんざりしてるワタシとしては、テロリストの行為を少しばかり爽快に見てしまった。

革命前日は、…んー、余裕があるか、SP好きなら見ればいいって感じですかね。

最近は、ドラマのラストを映画でやるパターンが増えてるようにお申し込みけど… 特にフ○テレビ。
そうしないと予算が取れない時代になったんですかねー。
確かに、あのアクションの派手さ、セットの豪華さは映画じゃないと難しいのかもしれないけどね。
posted by よーし at 08:58| Comment(7) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

先週末の3号があまりにかわいかったので

111203-1.gifすいません。輪るピングドラムネタです。

基本的にこのブログ見てる方で、わかる方は少ないと思うんですけど… 先週末の、旅立ちの3ちゃんがあんまりにも可愛かったもんで、どどやんに同じピンクの衣装を着せてみました。


111203-2.gifおめかしどどやんはそっちのけで、ピングドラムの3ちゃんに夢中なぴよとぺんぎんw
女性の前で違う女性のことを褒めちぎるのはやめませう という深い教訓が含まれております。

3ちゃんは女の子らしくてカワイイです。
私も夢中♪ヽ( 〃▽〃)ノ


ピングドラム、12月でおしまいなのかしら? しびれるねぇ…。
posted by よーし at 17:57| Comment(8) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

DMMレンタルに登録した

先々週あたりだったかなぁ?
DMMレンタルに登録してみました。
TSUTAYA DISCASには前から登録して、利用もしてたんだけど。
登録月無料なのと、DMMの方がちょっぴり安いの…あとはサン牧のKコイン(有料アイテムが買えるコイン)プレゼント中だったので。
借りやすさ(人気のものがまわってくる早さ)なんかも勘案して、どっちメインにするか決めようと思います( ´ー`)ノ
…とかいいつつ、あんまり最新作を借りたりはしないんだけどね〜。
どうせ、借りたいモノを借り尽くしたら、またしばらく休会するんだし。

で、初回はこれがまわってきました。



特選!大河ドラマ名曲集

かっこさんが前にブログで書いてて「聞きたいな〜」と思って。
でも、借りてみて気づいたんだけど、私が借りたのは「特選!」なので一部の曲しか入ってない。失敗。。
ということで、今全曲集を予約中♪



そして、大河ドラマのCDと一緒に届いたのがゴールデンスランバー
堺雅人さん主演で、前から見たいと思ってたのよね〜。


以下、少々ネタバレ
posted by よーし at 14:36| Comment(12) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

怪談

先週末の8/7、青春18きっぷを使って千葉・茨城・福島のまちつくスタンプを押しに行く! …しかも日帰りでw
という、割と無謀な日帰り旅をしてきました〜( ´ー`)ノ
日焼けしましたよ〜ん。

まぁ、それは後日ということで。
今日は飯田線の話もお休みして、怪談の話を。

私、コワイ話が大好きでーす!
テレビで怖い話特集なんかがあると、録画して見ちゃうくらい(笑)
まわりによく「ひとりで夜見るの? 怖くない??」とか言われるんだけど、ヘーキ。人間にも悪い人間といい人間がいるように、霊もそーなのだ。…と勝手に思ってます。
高校の時「オカルトよーし」という呼び方されたこともあったヽ(≧▽≦)ノ

そういえば、父も怖い話が大好きだったなぁ。「血」なのかな?

8/7、福島からぐったりと帰宅した私がテレビをつけると、NHK BS2でやっていた「最恐!怪談夜話」。これが質が高くて面白かった!
それと、今楽しく見てるのが「怪談 新耳袋」。これもクオリティが高い怪談です。

去年は、怖い話が少なかったんだよなぁ…。その反動なのか、今年はかなり「怪談」をテレビでやってくれるので、うほうほしながら録画してます。

…さーて、仕事しよっと。
posted by よーし at 16:39| Comment(12) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア

週末「スラムドッグ$ミリオネア」をTSUTAYA DISCASでレンタルしました。やーっと順番がまわってきた( ´ー`)ノ
スラムドッグ$ミリオネアは、ご存知の方も多いと思いますが、2008年アカデミー賞・作品賞をはじめ、数々の賞を受賞した作品です。

インドの大都市ムンバイの中にある世界最大規模のスラム、ダーラーヴィー地区(Dharavi)で生まれ育った少年ジャマールは、テレビの人気クイズ番組『コウン・バネーガー・カロールパティ』("Kaun Banega Crorepati"、原題は『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』、日本版は『クイズ$ミリオネア』)に出演する。

そこでジャマールは数々の問題を正解していき、ついに最後の1問にまで到達した。しかし、無学であるはずの彼がクイズに勝ち進んでいったために、不正の疑いがかけられ、警察に連行されてしまう。そこで彼が語った、生い立ちとその背景とは…。wikipediaより転載)

クイズ・ミリオネアを主軸に、主人公ジャマールの今までの人生が描かれていきます。

まず冒頭に「無学なスラム出身者が、ここまで正解できるはずがない。どんな不正をしたのか?」と警察に連行されて行くんですが、そこでの拷問シーンにビックリ。
「インドの警察ではこんな尋問をするの?(;´Д`)」…というところから、どんどんストーリーに引き込まれていきます。

・インドでは親を亡くした子どもにこういう運命が待っているのか
・この貧富の激しさは何?
・こうしなければ生き残れないのか?

など、インドの社会事情を色々考えさせられながら、物語はラストへ…。

面白かった( ´ー`)ノ
「スラムドッグ$ミリオネア」は、気になってる方も多いと思うので、オススメ。
…インドの女優さんって、ビックリするくらいキレイよね。

最近映画レビューが多かったですが、今月でひと休み♪
見たい映画はあらかた見てしまったので、またしばらくDISCASを無料会員に変更します。
次はDMMにしようかなー。そっちの方が安いし。



posted by よーし at 10:00| Comment(10) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

U字工事のごめんねごめんねハガキ

U字工事のごめんねごめんねハガキU字工事さんのレコメン!の企画で「M1で優勝できなかったので、往復はがきで応募してくれた栃木県民全員に『ごめんねごめんね〜』と直筆で書いたはがきを送る」というのがありまして。

昨年末くらいの企画だったかな〜。

で、U字工事LOVEの私としては見過ごすわけにいかず、栃木県に住んでる知り合いに頼み込んで、その企画に応募してもらっていたのでした。

その素敵なハガキが、ついに私の手元に!
…幸せ(ノ´∀`*)

ちなみにハガキは1万通超きたらしいです。大人気♪
で、私がもらったハガキは世田谷消印だったので、きっと自宅で書いて送ってくれたのかなぁ…と想像(2人とも世田谷在住なのだ)。


U字工事 5ミニッツ パフォーマンス ごめんねごめんね〜のDVDも、もちろん買っちゃった♪(^m^)





posted by よーし at 10:57| Comment(4) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

深紅

深紅

これはいつものレンタルDVDではなく、深夜放送の映画を録画して見たもの。
深夜にやってるからB級かな〜…と思いながらも、水川あさみ・内山理名・堀北真希なんかの出演者が気に入ったのと、題材が練馬一家5人殺害事件を取り扱ったものじゃないかなーと思ったので。

この、練馬一家5人殺害事件って、昔住んでたうちのすぐ近くで起きた事件なんですよ。
林間学校で惨劇を免れた女性は、となりの小学校で私と同学年。その林間学校は、近所の3校合同だったので、私も一緒に行っていました。私の友だちが殺されたご家族と同じ苗字だったので、親戚から「大丈夫なの!?」という電話が友だちの家にもじゃんじゃんかかってきて、大変だったそうです。

…そんなわけで、かなり思い入れの深い事件です。

で、B級かと思いきや、面白かった。
(とかいいつつ、B級映画も大好きなんだけど(;・∀・))
林間学校に行っていて生き残った女性が、事件の8年後・大学生のときに犯人の娘と出会う。素性を隠して近づくうちに、犯人の娘の苦しみを知り…
という話です。
ラストがよかった。

練馬一家5人殺害事件
あの頃はすごく猟奇的でショッキングな事件で、何日もトップニュースだったんだけど。今こういう事件は日常茶飯事にあって、すごく治安が悪くなったんだなぁって感じます。
昔は「日本は水と安全はタダ」なんて言われてたけど、水も買ったり浄水器つけたりしている人がほとんどですよね。水と安全、どちらもタダでは手に入らなくなってます。



posted by よーし at 11:16| Comment(12) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

ハゲタカ(映画)

映画 ハゲタカ


映画公開時からずーっと見たかった、映画ハゲタカ(注:リンク先は音が出ます)。
やっとレンタルがまわってきて、連休中2回も見ちゃった。

感想:玉ちゃんがかっこいい♪ヽ(〃▽〃)ノ (え、それだけ?)

…なんて、それだけなはずはなく、面白かったです。

かつて、瀕死の日本企業を次々と買いたたきながらも、日本のマーケットに絶望した鷲津。海外生活を送っていた彼の元へ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」を中国系巨大ファンドによる買収危機から救って欲しいと、かつての盟友・芝野が訪れる。

名門「アカマ」の目に突然現れたのは、赤いハゲタカこと劉一華(リュウ・イーファ)。

巨額の資金を背景に鷲津を圧倒し続ける劉。彼の本当の狙いは何か?(映画HPより一部転載)


ハゲタカは、NHKのドラマなんですね。ドラマ編・ハゲタカのDVDもレンタルしたいなぁと思ったら、1本につき2話(1時間30分)しか収録されてない…。
なんか、ソン!(;´Д`)
と思い、二の足を踏んでます。
でも面白かった…うん、テレビ版もレンタルする!

すごく面白かったけど、経済用語がわからない人なんかはどうなのかなぁ?と思ったり。
TOBとかホワイトナイトとか。



posted by よーし at 10:12| Comment(2) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

映画公開時、「大人の絵本」というレビューを、テレビで見てから「面白そうだな〜」と思っていた、パコと魔法の絵本
…妻夫木くんも出てるしね( 〃▽〃)∩

うーん、確かに絵本っぽかったです。
映像がとにかくカラフル。
アニメーションとの融合。

でも、私はちょっと好きじゃない世界だったなぁ…。
まず、登場人物がパコ以外可愛くない(((( ;゚д゚)))
病院にいる人たちは、変わった人ばかり…っていう設定なんだけど。あれで、パコの純粋さやかわいらしさが引き立って見えるのかもしれないけど…。

ストーリーも絵本チック。
へんくつじいさんが、無垢な女の子と知り合って心洗われていく…みたいな。

賛否両論の作品のようですけど、私は「残念!」の方です。



posted by よーし at 21:50| Comment(11) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

日帰り旅の話はちょっとお休みして、またもやDVDの話を。

先週末、毎度おなじみTSUTAYA DISCASで「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」をレンタルしました。
これ、映画の公開は2008年だったんですが、すごーく見たかった作品。当時テレビで「あさま山荘事件をリアルタイムにテレビで見ていた世代の方が、映画館に足を運んでいる」と言われてました。

もともと、あさま山荘事件には興味があったものの「連合赤軍って何?」「どういう人たちなの?」「学生運動ってどうして起こったの?」という程度の知識レベルの私。
この作品はショッキングでした。

少し前にTBSで放映された、役所広司さん主演のあさま山荘事件の映画とはまったく違い、
・どのようにして連合赤軍が結成されたのか
・彼らがどんなことをしてきたのか


…そして、あさま山荘にいたる前の山岳ベース事件のシーンが壮絶。
もっと連合赤軍・日本赤軍のことについて知りたくなって、いろいろ検索してしまいました。

3時間10分ほどの長い映画なんだけど、3回も観ちゃった。
1回目は「…うわ〜(;´Д`) 壮絶。。」と思いながら観て、2回目はより深く赤軍の成り立ちについて考えながら観て、3回目は1960年代という時代と彼らの純粋さについて考えて…。

興味のある方は是非観ていただきたい。
長い映画ですが、まったく飽きさせません。

【受賞歴】
* 第58回ベルリン国際映画祭最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)
* 第58回ベルリン国際映画祭国際芸術映画評論連盟賞(CICAE賞)
* 東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門作品賞
* 第82回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画第3位
* 第32回山路ふみ子文化賞
* 第63回毎日映画コンクール 「監督賞」「撮影賞」
* 第18回日本映画批評家大賞 「作品賞」「助演女優賞」(坂井真紀)
* 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第7位
Wikipediaより転載)という、そうそうたる受賞歴です。



web拍手のお返事です♪
☆★☆eastwoodさん
こちらこそ、更新も滞りがちだし。。なかなかみなさんのところにコメント入れられずにいます。
何かひとつに集中すると、他のところにパワーをまわしづらくなるんですよねぇ、私。時間の配分も下手だし。
で、写真見てくれてありがとうございます♪
日光大好きです! 今回の旅で、ますます好きになりました。
記事楽しみにしててくださいねー( ´ー`)ノ



posted by よーし at 13:35| Comment(12) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

闇の子供たち

先日の「ブタがいた教室」に続いて、「闇の子供たち」をレンタルしました。
これも、妻夫木出演作品のひとつとして借りたんだけど…くらーい気持ちになりました。

タイの、貧困層の子供の売春・臓器売買の話。
そこに、日本の新聞記者(江口洋介)や、タイで働くNGO(宮崎あおい)が関わってくるのですが〜。

リアルなんですよ。とにかくシーンがリアル。
マフィアに売られてきた子供達が牢屋に閉じ込められていて、客の要望を聞かなければむち打たれる。
小児性愛者の外国人客と子供の・・・のシーンもリアルに描かれていて(;´Д`)
売春の果てに、エイズにかかって動けなくなった子供が、黒いゴミ袋に入れられて、ゴミ収集車に投げ込まれる。
健康に生きているのに、移植用の臓器を取るために殺される子供たち…。

で、これも現実にあったこと…というか、タイには本当にこれと同じ目にあっている子供がいる。ここまで極端ではなくても、そのようなことがある。
…そんなことを考えるきっかけにはなりましたが、とてつもなく暗い気持ちになったー。。

そして、最後にサプライズが待っています。これは、原作の小説にはなかったシーンだそうです。




posted by よーし at 12:28| Comment(14) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ブタがいた教室

「ブタがいた教室」
をTSUTAYA DISCASで借りて見ました。

妻夫木主演作品ってことで、前から見てみたかったのもあったし、あちこちのブログでレビューを見て見たくなって気持ちもあって。

小学校6年2組の担任が、食育の授業として「豚を飼って大きくなったらみんなで食べよう」ということで、ブタの子供を連れてくるのです。
みんなでPちゃんと名前をつけ世話をしているうちに「食べたくない」という気持ちが強くなり…

でも、卒業の日がせまってくる。
Pちゃんはどんどん大きくなり、低学年のクラスに「私達が卒業したら、Pちゃんの世話をして」なんてカンタンに頼めないほどになってくる。

そして、6年2組の出した結論は…


で、だだ泣き! つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
他に「泣きました」というレビューは見なかったから、私だけ?
この状態で「食べる」「生かす」の結論を出すのは辛すぎる!

「みんなほかの豚肉食べるよね」
「でも、名前を付けてかわいがってきたものは食べられない。Pちゃんは特別」
「農場の人だって、大事に世話をしてるブタを出荷するんでしょ?」
「下級生に世話を頼もうよ」
「私達が卒業して今までみたいに会えなくなったら、Pちゃん寂しいよね」

と、いろんな意見が交錯します。
これを見たら、簡単な気持ちでペットを飼って、安易に捨てようなんて人はいなくなるんじゃないかなぁと思う。




posted by よーし at 10:12| Comment(18) | エンタメ テレビ・映画・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする